コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラマスフォールズ Klamath Falls

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラマスフォールズ
Klamath Falls

アメリカ合衆国,オレゴン州南部,ペリカン保護地として有名なアッパークラマス湖の南端にある都市。 1867年入植,地名はインディアンのクラマス族からとったもの。 1906年のクラマス川灌漑の完成,09年の鉄道開通により木材,家畜の集散地として発達した。キングズリーフィールド空港は,市とアメリカ空軍と共同で運営。北方 80kmにクレーターレーク国立公園がある。人口1万 7737 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android