コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラメルの規則 クラメルのきそくCramer's rule of determinant solution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラメルの規則
クラメルのきそく
Cramer's rule of determinant solution

クラメルの公式ともいう。スイスの数学者 G.クラメル (1704~52) によって示された連立1次方程式の解を与える公式。連立1次方程式
の係数の行列式 D= det (aij) が0でないとき,その行列 ( aij ) の第 k 列成分を右辺の b1,…,bn で置き換えた行列式を Dj とおけば (k=1,2,…,n) ,解 xkDk/D(k=1,2,…,n) で与えられるという公式である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報