コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラーベ[clave] クラーベ

音楽用語ダスの解説

クラーベ[clave]

円筒形の拍子木のような木の棒を打ち合わせる打楽器。左手でクラベを水平に支え、右手のクラベで打ちつけて演奏する。叩くとピッチの高いコンコン音が出るので、リズム・パターンの高域アクセントに向く。アフリカ系のクラベスは水平側の棒がくり抜いてあり音色に柔らかさがある。クラベスで演奏されるリズム(クラーベ)は、多くのキューバ系のラテンアメリカ音楽の基本となっている。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

クラーベ[clave]の関連キーワードマーティン フェルドスタインクラベス[claves]ヨハネス・パウルス2世ベネディクト(16世)ベネディクツス16世グレゴリウス15世システィーナ礼拝堂フランシスコ1世クレメンス10世ハドリアヌス5世システィナ礼拝堂バチカン博物館カトリック教会リヨン公会議バチカン市国コンクラーベハンラハンコンサルビローマ法王藤原邦章

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android