クリスティアン ウルフ(英語表記)Christian Wulff

現代外国人名録2012の解説

クリスティアン ウルフ
Christian Wulff


国籍
ドイツ

専門
政治家;法律家

肩書
ドイツ大統領

本名
Christain Wilhelm Walter Wulff

生年月日
1959/6/19

出生地
西ドイツ ニーダーザクセン州オスナブリュック

学歴
オスナブリュック大学(法学)卒

経歴
幼い時に両親が離婚し、病身の母の看病、幼い妹の世話を続けた。1975年16歳でキリスト教民主同盟(CDU)に入党。大学で法律を学び、弁護士資格を取得したが、一貫して政界を歩いた。’94年ニーダーザクセン州議会議員に当選。’98年〜2010年CDU副党首。ニーダーザクセン州首相選挙で2回敗れたのち、2003年3月〜2010年同州首相。柔らかな物腰と経済手腕などで、最も人気のある政治家となり、メルケル首相後の首相候補にも目された。2010年7月ドイツ大統領に就任。51歳での就任は、戦後ドイツで最年少。州首相時代、第一次大戦時にドイツ人捕虜収容所があった徳島県との国際交流を進めた親日家。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android