コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスティアン[1世] クリスティアン

百科事典マイペディアの解説

クリスティアン[1世]【クリスティアン】

ドイツのオルデンブルク家出身のデンマーク国王(在位1448年―1481年)。当時北欧3国は同君連合カルマル同盟)の関係にあり,ノルウェー国王(在位1450年―1481年),スウェーデン国王(在位1457年―1464年)にもなったが,スウェーデンの宰相ストゥーレに敗れスウェーデン王位を失った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のクリスティアン[1世]の言及

【デンマーク】より

…カルマル同盟はデンマークの優位を前提としており,以後スウェーデンは1448年から幾度かの分離を繰り返して最終的には1523年のグスタブ1世の即位まで,ノルウェーは1814年まで,いずれもデンマークの支配下におかれることになる。 1448年,オルデンブルクのクリスティアン1世Christian I(在位1448‐81)が国務院から王に推戴され,彼はオレンボー朝の開祖となる。次王ハンスHans(在位1481‐1513)は,79年にコペンハーゲン大学を設立した。…

※「クリスティアン[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android