コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスティアン9世 クリスティアンきゅうせいChristian IX

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリスティアン9世
クリスティアンきゅうせい
Christian IX

[生]1818.4.8. ゴットルプ
[没]1906.1.29. コペンハーゲン
デンマーク王 (在位 1863~1906) 。シュレースウィヒ=ホルシュタイン問題が第1次ドイツ=デンマーク戦争 (1848) にまで発展するなかで,両地方の統合独立を規定したロンドン協定 (52) によってデンマーク王位についたが,王位につくやただちにシュレースウィヒホルシュタインのデンマーク併合をすすめ (63) ,1864年両地方の反乱とドイツ軍のユトラント (ユラン) 侵入を招いた (第2次ドイツ=デンマーク戦争) 。その後のウィーン条約 (64) によってデンマークはデンマーク領北シュレースウィヒを含めてシュレースウィヒ,ホルシュタイン,ラウエンブルクをオーストリア皇帝とプロシア王に譲渡。彼の治世は内政において政党が発達し,最初の左派政権が樹立した (1901) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

クリスティアン9世

生年月日:1818年4月8日
デンマーク王(1863〜1906)
1906年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

クリスティアン9世の関連キーワードシュレースウィヒ=ホルシュタイン問題マリヤ・フョードロブナグリュックスボー朝グリュクスボー朝フレデリック8世生年月日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android