コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスティアン9世 クリスティアンきゅうせいChristian IX

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリスティアン9世
クリスティアンきゅうせい
Christian IX

[生]1818.4.8. ゴットルプ
[没]1906.1.29. コペンハーゲン
デンマーク王 (在位 1863~1906) 。シュレースウィヒ=ホルシュタイン問題が第1次ドイツデンマーク戦争 (1848) にまで発展するなかで,両地方の統合独立を規定したロンドン協定 (52) によってデンマーク王位についたが,王位につくやただちにシュレースウィヒホルシュタインのデンマーク併合をすすめ (63) ,1864年両地方の反乱とドイツ軍のユトラント (ユラン) 侵入を招いた (第2次ドイツ=デンマーク戦争) 。その後のウィーン条約 (64) によってデンマークはデンマーク領北シュレースウィヒを含めてシュレースウィヒ,ホルシュタイン,ラウエンブルクオーストリア皇帝とプロシア王に譲渡。彼の治世は内政において政党が発達し,最初の左派政権が樹立した (1901) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クリスティアン9世の関連キーワードサウド家フォンタネージ梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政アルフェドソンガーイクワールドゥラーニー朝