コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスティーヌ・ド・ピザン Christine de Pizan(Pisan)

1件 の用語解説(クリスティーヌ・ド・ピザンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クリスティーヌ・ド・ピザン【Christine de Pizan(Pisan)】

1365‐1430?
中世末期のフランス女流作家ベネチア生れ。4歳の頃,シャルル5世の占星学者として重用された父トマに呼びよせられてフランスに移住し,15歳のとき,その意向によって王の公証人兼秘書官エティエンヌ・カステルと結婚,3児をもうける。この間,父のパトロンである王が死に,父が死に,さらに夫も疫病で急死,クリスティーヌはかくて〈ひとりぼっち〉(彼女の銘)になる。25歳であった。彼女は一家を支えるために,再婚という通常の道を選ばず,〈男となる〉決心をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クリスティーヌ・ド・ピザンの関連キーワード聖史劇フランス組曲フランダースの犬フランス窓フランス料理フランスソワールマンデスフランスフランステレビジオンランボウルバレジン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone