クリストフ ルメール(英語表記)Christophe Lemaire

現代外国人名録2012の解説

クリストフ ルメール
Christophe Lemaire


国籍
フランス

専門
ファッションデザイナー

肩書
ラコステ・クリエイティブディレクター

生年月日
1965

出身地
ブザンソン

学歴
アトリエ・ドゥ・セーブル卒

経歴
ファッション業界に入り、ティエリー・ミュグレー、イヴ・サン・ローランなどでアシスタントを務める。1987年クリスチャン・ラクロワのオートクチュール部門を担当し、’90年自身のブランドを設立。’93年からパリ・コレクションに参加。2001年ラコステのクリエイティブディレクターに就任し、パリ・コレクションでショーを開催。男性のスポーツウエア中心だった“ラコステ”を街で広く着られる洗練されたファッションブランドに変身させた。ニューヨークコレクションにも進出。大の日本好きで来日は15回以上。

クリストフ ルメール
Christophe Lemaire


国籍
フランス

専門
騎手

生年月日
1979/5/20

経歴
1999年にフランス騎手免許を取得し、同国でデビュー。2003年パリ大賞でGI初制覇を飾り、75勝でリーディング7位。2004年71勝でリーディング9位。2005年フランス・オークスなど欧州GIで5勝するなど活躍。この間、短期免許で2002年に初来日して以来、毎年来日。2005年有馬記念で4番人気のハーツクライに騎乗、1番人気で無敗の三冠馬ディープインパクト(武豊騎乗)を押さえGI初優勝を果たす。2008年リトルアマポーラでエリザベス女王杯を、カネヒキリでJCダートと東京大賞典を制した。2009年7度目の挑戦となるでジャパンカップウォッカで制した。163センチ、52キロ。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

最新 世界スポーツ人名事典の解説

クリストフ ルメール
Christophe Lemaire
競馬

騎手
生年月日:1979年5月20日
国籍:フランス
経歴:1999年にフランス騎手免許を取得し、同国でデビュー。2003年パリ大賞でG1初制覇を飾り、75勝でリーディング7位。2004年71勝でリーディング9位。2005年フランス・オークスなど欧州G1で5勝するなど活躍。この間、短期免許で2002年に初来日して以来、毎年来日。2005年有馬記念で4番人気のハーツクライに騎乗、見事な先行策で無敗の3冠馬ディープインパクト(武豊騎乗)を押さえG1初優勝を果たす。翌2006年には同じくハーツクライとのコンビでドバイシーマクラシックを制す。2008年リトルアマポーラでエリザベス女王杯を、カネヒキリでJCダートと東京大賞典を勝利。2009年ルアーブルで仏ダービー初制覇。同年ウオッカに騎乗し、7度目の挑戦でジャパンカップを勝利した。163センチ、52キロ。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリストフ ルメールの関連情報