コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリチアス Kritias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリチアス
Kritias

[生]前460頃
[没]前403
古代ギリシア,アテネの極端寡頭派の政治家,修辞家,詩人,哲学者。前 411年の 400人支配転覆後,アルキビアデス召還を策動し,彼の失脚後亡命,前 404年帰国し,三十人僭主に加わったが,トラシュブロスとの戦いで戦死した。哲学者プラトンの母は,彼のいとこにあたる。ソクラテスとも親交があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クリチアスの関連キーワード三十人僭主[古代ギリシア]アトランチステラメネスカルミデス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android