クリック詐欺(読み)クリックサギ

デジタル大辞泉の解説

クリック‐さぎ【クリック詐欺】

インターネットで、クリック課金型広告を不正にクリックすることで広告料をだまし取る詐欺。実質的な広告効果がないにもかかわらず、広告主が広告料を支払い続けることになる。→クリック屋
インターネットなどで、動画視聴やサービス利用などの契約に同意するボタンをクリックしたユーザーに対し、不当な料金請求を行う詐欺の総称。ワンクリック詐欺ツークリック詐欺などが知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリック詐欺の関連情報