コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリッツィンク

1件 の用語解説(クリッツィンクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クリッツィンク

ドイツの物理学者。マックス・プランク研究所員。1980年ホール効果が超低温・強磁場中では特異な現象を示すことを発見。この現象は量子ホールと呼ばれ,高い精度である関係式を満足するため,普遍定数e/h(eは電気素量,hはプランク定数)の決定に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

クリッツィンクの関連キーワードゲッティンゲンシュタルクタムハイゼンベルクハイデルベルクフェヒナープランクブントミュンヘンラウエ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone