コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリッパートン断裂帯 クリッパートンだんれつたいClipperton Fracture Zone

1件 の用語解説(クリッパートン断裂帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリッパートン断裂帯
クリッパートンだんれつたい
Clipperton Fracture Zone

ニカラグア沖,クリッパートン島の北方沖に北太平洋を東西方向に通る断裂帯。長さ 7240km,南側の大洋底(→深海底)が北より約 400m浅く,海嶺トラフが続いている。この断裂帯は,北太平洋のメンドシノ断裂帯マレー断裂帯クラリオン断裂帯の三つの断裂帯が等間隔性をもち直線的に平行しているところから,その南方にも未知の断裂帯があるものと予想され,調査の結果 1950年に発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone