クリトリス原点説(読み)クリトリスげんてんせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリトリス原点説
クリトリスげんてんせつ

S.フロイトは,女性のオーガズムは最初は自慰によるクリトリスの刺激で達し,成熟すると徐々に膣 (ちつ) 内の刺激によってオーガズムを感じるようになる,と述べた。したがって,膣オーガズムを感じないでクリトリスだけによってオーガズムを感じる場合は,神経症的な女性だとも述べた。ところがマスターズ・ジョンソン報告で,女性のオーガズムの原点はクリトリスにあることが発見され,不感症と呼ばれていた女性たちに,救いの報告となった。報告によると,クリトリスだけを刺激してオーガズムに達した自慰の場合も,性交でオーガズムに達した場合も,クリトリスはオーガズムの引き金となり,しかも,どちらの場合のオーガズムも,オーガズム帯と称される膣壁 (つちへき) の外側1/3にあたる輪状のベルト地帯が,数回のリズミカルな収縮を示すことが立証された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android