コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリナム・アマビレ くりなむあまびれ

世界大百科事典内のクリナム・アマビレの言及

【クリナム】より

…開花は温帯では高温期の7月ころが多く,芳香のあるものも多い。栽植されるおもな種にはスマトラ原産といわれる大型の赤花の芳香のあるクリナム・アマビレC.amabile Donn,芳香のある白花をつけ南アフリカ原産の耐寒性種であるクリナム・ロンギフォリウムC.longifolium Thunb.,白色で少し桃色をおびる南アフリカ原産のクリナム・ムーレイC.moorei Hook.f.,さらに,花は淡桃色や白色で交配雑種起源の耐寒園芸種ポウェリイなどがある。耐寒種はアマリリスなどよりも寒さに強く,葉は枯れるが東京以南では露地で越冬する。…

※「クリナム・アマビレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone