コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリナン岩 クリナンがんcrinanite

岩石学辞典の解説

クリナン岩

暗い色で細粒塩基性で,主に橄欖(かんらん)石,オージャイト,斜長石からなり,アナルサイムやゼオライトを伴う岩石にフレットが与えた名称[Flett : 1911].細粒から中粒で橄欖石を含むテッシェン岩に相当する.その後安山岩─橄欖石ドレライトに拡張され,ティレルはエセックサイト(essexite)やセラライト(theralite)を含めてクリナナイト系列(crinanite series)とした[Tyrrell : 1923].ウィルキンソンはテッシェナイト(teschenite)とクリナナイトは同じもので,クリナナイトという岩石名は止めるべきであるとしている[Wilkinson : 1955].橄欖石アナルサイト─ドレライトに相当し,紫色のオージャイトを含み,オフィティック組織がよく発達する.英国スコットランド,アージールシャー(Argyllshire)のクリナン(Crinan)湖に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android