クリプト・カトリック主義(読み)クリプト・カトリックしゅぎ(英語表記)Cryptocatholicism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリプト・カトリック主義
クリプト・カトリックしゅぎ
Cryptocatholicism

ルター派の神学者 G.カリクスツスは,聖書,使徒信条,5世紀までの教会の教えを共通の基礎とする,ルター派,カルバン派,カトリック教会の和解のための神学体系の樹立に努めたが,彼の影響を受けた一連の調停的神学運動をさす。この運動は 18世紀まで続きイギリスにも影響を与えたが,狭義にはケーニヒスベルク大学におけるグラーベらのカトリックへの改宗運動をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android