コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリュコワ,M. くりゅこわ

世界大百科事典内のクリュコワ,M.の言及

【ブイリーナ】より

…一つの家系で4世代にわたって一流の語り手を輩出させたオネガ湖キジ島のリャビニン家,母と娘がともに名人とうたわれた白海のクリュコフ家などが有名である。娘のマルファ・クリュコワMarfa Kryukova(1876‐1954)はロシア革命後ソビエト作家同盟の会員に迎えられた。そのマルファによって,レーニンや内戦期の英雄チャパエフを主人公とするブイリーナが創作されたが,広く人気を博するにはいたらなかった。…

※「クリュコワ,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone