クリュセイス(英語表記)Chryseis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリュセイス
Chryseis

ホメロスの叙事詩『イリアス』に歌われた事件のきっかけとなったことで有名なギリシア神話の美女。トロイ戦争の間にギリシア軍に捕えられ,戦利品の分け前としてアガメムノンに与えられ,その寵愛を受けたが,莫大な身のしろを持って彼女を取戻しにきた父のクリュセスをアガメムノンが乱暴に追返したために,アポロンの祭司であったクリュセスは,この神に祈ってギリシア軍の陣営に疫病を生じさせた。このためアガメムノンは,クリュセイスを父に返すことを余儀なくされたが,そのかわりにアキレウスの寵愛を受けていた捕虜の美女ブリセイスを奪い取った。これがアキレウスが怒って戦闘から手を引き,ギリシア軍が一時苦境に陥る原因となったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android