クリュニー中世美術館(読み)クリュニーちゅうせいびじゅつかん(英語表記)Musée national du Moyen Âge-Thermes et hôtel de Cluny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリュニー中世美術館
クリュニーちゅうせいびじゅつかん
Musée national du Moyen Âge-Thermes et hôtel de Cluny

フランス,パリで最も古い美術館の一つ。1819年にパリ市が購入した古代ローマの遺跡「リュテティアの浴場」と,隣接するフランボアイヤン・ゴシック様式の傑作「クリュニー館」(1485~98造営)に,収集家アレクサンドル・デュ・ソムラールが収集した中世およびルネサンス期の美術工芸品 1434点を合わせて国立美術館とした。1844年開館。ソムラールの死後そのコレクションは息子のエドモンによって質量ともに拡充され,エドモンが没した 1885年には 1万点をこえた。美術館が誇る所蔵品,たとえば『奉納の冠』,もとバーゼル大聖堂にあった黄金の『祭壇前面飾り』とばら窓,『貴婦人と一角獣』および『キリスト伝』のタペストリーなどもエドモンの収集による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android