コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリーン・コール・テクノロジー(CCT)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クリーン・コール・テクノロジー(CCT)

石炭を燃やすと出る二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物などを減らし、環境負荷を抑える技術の総称。石炭を効率的に使うガス化やコークス製造、CO2の回収・貯留、排煙処理などがある。電力や鉄鋼業界を中心に開発や導入が進み、経済成長で石炭消費が急増するアジアで普及すれば、環境保護や日本の資源確保につながるとして、国は導入を支援している。

(2007-10-07 朝日新聞 朝刊 週刊九州)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

クリーン・コール・テクノロジー(CCT)の関連キーワード石炭火力発電石炭ガス化石炭産業石炭ガスCCT

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android