コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルップ=レン法 クルップ=レンほうKrupp-Renn process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルップ=レン法
クルップ=レンほう
Krupp-Renn process

直接製鉄法の一種。2度程度の傾斜で設置したロータリーキルン (回転円筒炉) 中に上部から鉄鉱石と粉炭を装入し,下部からガス,重油またはコークスの炎を送って加熱して,鉄鉱を還元する。中央部付近で還元された海綿鉄は下端近くで 1200~1300℃の高温により半融状態となり,炉の回転で揺すられて小粒状のルッペになり排出される。通常炉径3~6m,炉長 50~150m,1日鉱石処理能力 200~1500t。製品ルッペの炭素量は通常 0.5~1.0%。クルップ=レンの名は太古の製鉄法であるレン法を 1930年代にドイツのクルップ商会が工業的に取入れて開発したことによる。比較的低品位の鉱石から良質の鉄をつくりだせることを特長とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クルップ=レン法の関連キーワード直接製鉄法

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android