コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルップ=レン法 クルップ=レンほう Krupp-Renn process

1件 の用語解説(クルップ=レン法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルップ=レン法
クルップ=レンほう
Krupp-Renn process

直接製鉄法の一種。2度程度の傾斜で設置したロータリーキルン (回転円筒炉) 中に上部から鉄鉱石と粉炭を装入し,下部からガス,重油またはコークスの炎を送って加熱して,鉄鉱を還元する。中央部付近で還元された海綿鉄は下端近くで 1200~1300℃の高温により半融状態となり,炉の回転で揺すられて小粒状のルッペになり排出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クルップ=レン法の関連キーワード傾斜計傾斜屑鉄法善醸酒火砕流堆積面耕地の傾斜の密度直接製鉄たたら製鉄間接製鉄直接製錬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone