コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルマバソウ(車葉草) クルマバソウAsperula odorata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルマバソウ(車葉草)
クルマバソウ
Asperula odorata

アカネ科の多年草。本州北部以北の林間によくみられる。茎は直立し高さ 10~30cm,4稜があり無毛でなめらかである。は薄質の広披針形で,葉と同形の托葉とともに各節に8片ずつ輪生する。夏に,茎頂に花序を生じ,白色漏斗状花冠の径 3mmほどの小花をつける。果実には鉤毛がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クルマバソウ【クルマバソウ(車葉草) sweet woodruff】

6~8枚の葉が輪生するアカネ科の多年草(イラスト)。乾燥すると芳香を発する。高さ10~35cmほどで全体無毛。葉は倒披針形から狭長楕円形。晩春に,茎頂および葉腋(ようえき)に集散状の花序を出し,小さな白色の花をつける。花冠は漏斗形で4裂する。園芸的には樹陰地の下草に植え込まれるが,乾燥品はクマリンを含有し,香りがよいので保管中の衣類の間に入れたり,ビールやワインに入れて芳香をつけるのに用いられる。とくにドイツではこの草で調味した酒はマイワインMai‐Weinと呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android