コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルマバソウ(車葉草) クルマバソウ Asperula odorata

2件 の用語解説(クルマバソウ(車葉草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルマバソウ(車葉草)
クルマバソウ
Asperula odorata

アカネ科の多年草。本州北部以北の林間によくみられる。茎は直立し高さ 10~30cm,4稜があり無毛でなめらかである。葉は薄質の広披針形で,葉と同形の托葉とともに各節に8片ずつ輪生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クルマバソウ【クルマバソウ(車葉草) sweet woodruff】

6~8枚の葉が輪生するアカネ科の多年草(イラスト)。乾燥すると芳香を発する。高さ10~35cmほどで全体無毛。葉は倒披針形から狭長楕円形。晩春に,茎頂および葉腋(ようえき)に集散状の花序を出し,小さな白色の花をつける。花冠は漏斗形で4裂する。園芸的には樹陰地の下草に植え込まれるが,乾燥品はクマリンを含有し,香りがよいので保管中の衣類の間に入れたり,ビールワインに入れて芳香をつけるのに用いられる。とくにドイツではこの草で調味した酒はマイワインMai‐Weinと呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クルマバソウ(車葉草)の関連キーワードカナダ藻磯馴葎四葉葎油薄火焔草砧草車葉草鈴香薷カワラマツバセイヨウアカネ(西洋茜)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone