コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルミガイ(胡桃貝) クルミガイEnnucula niponica

世界大百科事典 第2版の解説

クルミガイ【クルミガイ(胡桃貝) Ennucula niponica】

二枚貝の中で原始的な性質をもっているクルミガイ科の1種(イラスト)。房総半島から九州の水深30~1600mくらいの砂泥底にすむ。殻は小さく,長さ2.3cm,高さ1.6cm,膨らみ1cmくらいになるハマグリ型であるが,ハマグリとは逆に殻頂が後方によって,縁の長いほうが前である。殻表は黄緑色の皮をかむり,成長脈は弱い。内面は強い真珠光沢があって,殻頂の下にスプーン形の突起があり,その前後に小さい歯が並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報