コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルミガイ(胡桃貝) クルミガイ Ennucula niponica

1件 の用語解説(クルミガイ(胡桃貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クルミガイ【クルミガイ(胡桃貝) Ennucula niponica】

二枚貝の中で原始的な性質をもっているクルミガイ科の1種(イラスト)。房総半島から九州の水深30~1600mくらいの砂泥底にすむ。殻は小さく,長さ2.3cm,高さ1.6cm,膨らみ1cmくらいになるハマグリ型であるが,ハマグリとは逆に殻頂が後方によって,縁の長いほうが前である。殻表は黄緑色の皮をかむり,成長脈は弱い。内面は強い真珠光沢があって,殻頂の下にスプーン形の突起があり,その前後に小さい歯が並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クルミガイ(胡桃貝)の関連キーワード三畳紀弁鰓類腕足類原始時代原始的硨磲貝二枚貝クルク島原始的反応ブラームス:幻想曲集/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone