コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルーセンシェルナ クルーセンシェルナKrusenstjerna, Agnes von

1件 の用語解説(クルーセンシェルナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルーセンシェルナ
Krusenstjerna, Agnes von

[生]1894.9.10. ベクシェー
[没]1940.10.3. ストックホルム
スウェーデンの女流作家スウェーデン文学史上比類ない大胆な性描写を行なって有名。貴族出身でありながら身分制度に反発,一貫して古い因襲にしいたげられた女性の性の悩みを主題とした。生涯精神病に苦しみ,最後は脳腫瘍で死亡。作品には,思春期の性の目ざめと悩みを扱った自伝風の3部作『トニイ』 Tony Böcker (1922~26) や,『パーレン家の娘たち』 Frökerna von Pahlen (7巻,30~35) ,『貧しい貴族』 Fattigadel (35) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クルーセンシェルナの関連キーワード日清戦争リーケの原理日清戦争ロシア映画アレクサンドル露仏同盟ウィリス木口小平権藤震二高橋作衛

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone