コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレイステネス[シキュオン] Kleisthenēs of Sikyōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレイステネス[シキュオン]
Kleisthenēs of Sikyōn

[生]?
[没]前570
シキュオンの僭主 (在位前 600頃~570) 。建国以来のドーリス系アルゴス人の支配に抵抗してドーリス系3部族の名を改め,さらにアルゴスの英雄アドラストスの信仰を排しディオニュソス祭を導入した。治世中シキュオンの力は絶頂に達し,第1次神聖戦争 (前 600頃~590) では隣保同盟 (アンフィクチオニア ) を助け,指導的役割を演じてクリサを破壊した。一方,宮廷には芸術家を集め,ピュチアオリュンピアの競技にはみずから参加して戦車競走に優勝したこともある。なお,娘アガリステの婿を全ギリシアに求め,競わせてアテネのアルクマイオン家のメガクレスにとつがせたが,その子がクレイステネスであり,孫娘アガリステがペリクレスの妻となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クレイステネス[シキュオン]の関連キーワード瑕疵担保責任空中警戒管制機電子辞書式年遷宮パキスタン大地震児童福祉施設タクシー特別措置法とカルテル問題釜ケ崎芸術大学第62回式年遷宮戦時中の米軍機墜落

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android