コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレイトン=ブルワー条約 クレイトン=ブルワーじょうやくTreaty of Clayton-Bulwer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレイトン=ブルワー条約
クレイトン=ブルワーじょうやく
Treaty of Clayton-Bulwer

1850年4月 19日調印されたイギリスアメリカ間の条約。中央アメリカにおけるアメリカ,イギリスの利害の調停を目的とした。アメリカの国務長官 J.クレイトンとイギリスのワシントン領事 H.ブルワー合議によるもので,のち両国の修正を受けた。両国が協同して太平洋,大西洋を結ぶパナマ運河の建設を促進,保護することを協定したが両国内に異論が多く,1901年アメリカに運河建設自由裁量を承認する第2ヘー=ポンスフォート条約の成立によって廃棄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クレイトン=ブルワー条約の関連キーワード逃亡奴隷法テーラーゴールド・ラッシュ縮合道光帝アールブルク小泉八雲コールチェンバレンパービス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android