コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレイニュア岩 クレイニュアがんcraignurite

岩石学辞典の解説

クレイニュア岩

細粒の岩石のグループを総括した名称で,化学組成は塩基性から安山岩質ソレアイトから酸性のグラノファイアまでが含まれ,主要鉱物が十分結晶化していない特徴がある.累帯構造の斜長石結晶は短冊状や骸晶状で,オージャイトなどのマフィック鉱物は柱状または針状となっている[Thomas & Bailey : 1924].スコットランド,ムル地方のクレイニュア(Craignure)に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android