クレッツァー(英語表記)Kretzer, Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレッツァー
Kretzer, Max

[生]1854.6.7. ポーゼン
[没]1941.7.15. ベルリン
ドイツの小説家。工員として働き,工場で負傷したのち文筆生活に入る。ゾラの影響を受け,労働者の問題を取上げた。ドイツのディケンズと評する人もいる。主著『ティンペ親方』 Meister Timpe (1888) ,『キリストの顔』 Das Gesicht Christi (97) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android