コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレティアン・ド・トロア Chrétien de Troyes

世界大百科事典 第2版の解説

クレティアン・ド・トロア【Chrétien de Troyes】

?‐1190ころ
フランス中世を代表する韻文物語作家。伝記未詳。初めオウィディウスの翻訳や,マルク王とイズーの物語などを書いた後,1165年ころ長編《エレクとエニード》を書いて独自の世界を獲得した。これは妻への愛に溺れた騎士が冒険の末に自己を確立する物語であり,次作の《クリジェス》(1176ころ)は夫の甥を愛した王妃が真の愛を貫いて幸福な結末にいたる一種の〈反トリスタン〉物語であって,南仏抒情詩人(トルバドゥール)たちの追求した不倫の恋の主題に対する反措定の立場に立っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクレティアン・ド・トロアの言及

【アーサー王伝説】より

…その発展について概観すれば,まずアングロ・ノルマン人ワースの《ブリュ物語》(1155)は,《ブリテン列王史》に基づく,フランス語韻文による年代記の代表作であり,これを典拠として,イギリスではラーヤモンが英語の韻文による《ブルート》(13世紀初め)を書いた。さらに,中世フランス最大のロマンス作者,クレティアン・ド・トロアは,《エレックとエニード》《ランスロまたは荷車の騎士》等の諸作品によって,アーサー王伝説に基づく宮廷風騎士道物語に新領域を開拓し,また《ペルスバルまたは聖杯物語》によって,アーサー王伝説に初めてキリスト教の倫理とその神秘思想を導入した。ドイツ13世紀の詩人ウォルフラムの《パルチバル》は,クレティアンのこの作を典拠とする聖杯物語の傑作で,19世紀の作曲家ワーグナーは,これを基に楽劇《パルジファル》を書いた。…

【騎士道物語】より

…武勲詩が歴史に題材をとって主人公の武勲をたたえることを中心主題としたのに対し,騎士道物語は,虚構の枠組みによって,騎士が宗教的義務と世俗的義務,とりわけ婦人への愛と献身に忠実たるべきことを称揚した。フランスではクレティアン・ド・トロアの《エレクとエニード》をはじめとする諸作品が最初の傑作群であり,そこに描かれた騎士像と騎士道は,いずれも高い理想を追求して現実における騎士階級の高揚と危機とを交互に反映していた。少しおくれてイギリスやドイツでも,アーサー王と円卓の騎士を中心人物とするすぐれた騎士道物語が韻文で次々に創作された。…

※「クレティアン・ド・トロア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレティアン・ド・トロアの関連キーワードラウル・ド・ウーダンアーサー王伝説パルチファルランスロ物語ハルトマン円卓物語聖杯伝説ルナール

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android