クレメンス(アレクサンドリアのクレメンス)(読み)くれめんす(英語表記)Clemens Alexandrīnus, Titus Flavius

  • 150ころ―215以前
  • アレクサンドリアのクレメンス

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キリスト教史上最初の体系的神学者。おそらくアテネでギリシア系異教徒の子として生まれ、青年時に改宗。各地を遍歴後、あらゆる思想潮流のるつぼアレクサンドリアに至って、パンタイノスPantaenus(?―200ころ)に師事し、師の死後その教理学校を主宰した。3世紀初頭の迫害によりカッパドキアに退くが、晩年は不詳。アレクサンドリアのフィロンの神的ロゴス説(一なる神と多なる世界を結ぶ)や、アレゴリー的な聖書釈義法を摂取して、ヘブライ・キリスト教と古典ギリシアの両伝統の融合、調和を探り、当時の有力な異端であったグノーシス主義に対抗した。そして信と知gnōsisのかかわりを論証の構造としてとらえ直しつつ、ロゴス=キリストに真の知をみいだすその表現は、プラトン主義的キリスト教哲学の原型となった。否定神学の祖でもある。代表的著作に『ギリシア人への勧告』Protrepticus Sive Cohortatio ad Gentes、『教育者』Paedagogus、および大作『ストローマタ』(絨緞(じゅうたん)の意)Strōmateisの三部作がある。

[谷隆一郎 2015年1月20日]

『W・イェーガー著、野町啓訳『初期キリスト教とパイディア』(1964・筑摩書房)』『アダルベール・アマン著、家入敏光訳『教父たち』(1972・エンデルレ書店)』『J. QuastenPatrology (1975, Spectrum, Utrecht, Antwerp)』『B. AltanerPatrologie (1978, Herder, Freiburg, Basel, Wien)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android