コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレメンス[5世] クレメンス

百科事典マイペディアの解説

クレメンス[5世]【クレメンス】

ローマ教皇(在位1305年―1314年)。フランス国王フィリップ4世の圧力で1309年南仏のアビニョンに教皇庁を置き,以後〈教皇のバビロン捕囚アビニョン捕囚)〉時代が始まる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレメンス[5世]【Clemens V】

1264‐1314
ローマ教皇。在位1305‐14年。前名ベルトラン・ド・ゴットBertrand de Got。フランスのガスコーニュに生まれ,トゥールーズオルレアン,ボローニャで法学を学び,1295年コマンジュ司教,99年ボルドー大司教を務めた後1305年教皇に選ばれ,リヨンでフィリップ4世臨席下に就任。09年教皇庁をローマからアビニョンに移し,フランス王権の強い制肘を受けた。ここに以後7代約70年にわたる〈教皇のバビロン捕囚(アビニョン捕囚)〉が始まる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクレメンス[5世]の言及

【キリスト教】より

…キリスト教徒の迫害についてはタキトゥスなどの史家も触れているので,われわれは初代教会の歴史をある程度は知っていると思いがちであるが,実際には,教義,典礼,教会組織に関する確実な史料はきわめて乏しい。1世紀末の使徒教父クレメンスがコリント教会にあてた《クレメンスの第1の手紙》を見ると,すでにローマの教会がコリント教会の内紛に対し使徒の権威を主張している点が注目される。 キリスト教は都市型の宗教で,都市を中心に教会を築いていった。…

※「クレメンス[5世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレメンス[5世]の関連キーワードフィリップ[4世]テンプル騎士団アナーニ事件

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android