コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレメンス12世 クレメンスじゅうにせいClemens XII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレメンス12世
クレメンスじゅうにせい
Clemens XII

[生]1652.4.7. フィレンツェ
[没]1740.2.6. ローマ
フィレンツェ出身の第246代教皇(在位 1730~40)。本名 Lorenzo Corsini。有力貴族コルシニ家の出身。1691年に教皇大使としてウィーンに赴任,1706年に助祭枢機卿(→カーディナル)となり,1730年7月に教皇に登位した。病弱で,1732年には全盲となった。教皇の権威の低下をくい止める方法を模索したが,成果はあげられなかった。ガリア主義スペインにおける流布に抗し,教皇クレメンス11世(在位 1700~21)の教皇勅書(1713)を受け継ぎジャンセニズムを抑圧した。フランシスコ修道会宣教師のエチオピアへの派遣など,伝道活動を支援し,トマス・キリスト教徒と,孔子や先祖を崇拝する中国の儀式には禁止の立場を貫いた。1738年4月,教皇勅書の中で,フリーメーソンを異教・違法とみなして排斥した。ローマにあるトレビの噴水クレメンス12世の建設によるものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クレメンス12世の関連キーワード承応松木荘左衛門ケープ植民地戸次庄左衛門別木庄左衛門南アフリカ共和国浅見絅斎王鐸勝山