コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレロン Clairon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレロン
Clairon

[生]1723.1.25. コンデシューレスコー
[没]1803.1.29/31. リール
フランスの悲劇女優。本名 Claire-Josèphe-Hippolyte Léris (Leyris) de la Tude。 1743年コメディー・フランセーズで代役出演したラシーヌの『フェードル』で認められ,その後多くの悲劇に出演,ボルテールの作品も多く演じた。歴史考証を重んじて装置や衣装を改良,また初期の朗詠調のせりふをやめて,より自然で自由な演技を求めた。著書『イポリト・クレロンの思い出と劇芸術に関する考察』 Mémoires d'Hippolyte Clairon et Réflexions sur l'Art dramatique (1798/9) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クレロンの関連キーワードコメディ・フランセーズ1月25日デュメニルルカン

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android