コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーニヒ,A.K. くれーにひ

世界大百科事典内のクレーニヒ,A.K.の言及

【統計力学】より

…これらの事情が力学への信頼を高め,1850年ころの動力学的理論復活への道を開いたという。 動力学的理論の学界における復活は,まずクレーニヒAugust Karl Krönig(1822‐79)によってなされた。彼は気体内の分子は定まった平衡点のまわりに振動しているのではなく,定速度で直線状の並進運動をしているとし,分子が対向する壁面間を往復するとして一壁面に衝突する分子数を求め,理想気体の状態方程式を導いた(1856)。…

※「クレーニヒ,A.K.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android