コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロア・ド・フー Croix de Feu

世界大百科事典 第2版の解説

クロア・ド・フー【Croix de Feu】

1927年に香水生産者コティーFrançois Cotyの後援の下に,大戦で戦争十字章を受けたものの親睦団体として組織された。〈砲火の十字団〉の意。30年にド・ラ・ロックFrançois de La Rocque中佐が指導権を握ると大衆的政治団体に変化し,“家族・労働・祖国”というスローガンをかかげて急進的右翼のブルジョア青年を吸収し,もっとも強力なファシズム運動として警戒された。36年,ブルム政府に解散を命ぜられ,フランス社会党と改名,政党に転じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクロア・ド・フーの言及

【ラ・ロック】より

…フランスの右翼団体の指導者,伯爵。1928年,退役中佐となり,翌29年に旧出征軍人の小団体クロア・ド・フーに加入した。クロア・ド・フーは彼の指導の下で,国民革命を標榜する大衆的政治団体に転換し,左翼から最も危険なファシスト団体と目された。…

※「クロア・ド・フー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロア・ド・フーの関連キーワードF.デ ラ・ロック人民戦線

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android