コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)

1件 の用語解説(クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)

脳に異常なたんぱく質(プリオンたんぱく)が蓄積し、脳神経細胞の機能障害が起こる。汚染されたヒト乾燥硬膜の移植を受けた患者らが発症し、患者や遺族らが国や製造元の独ビー・ブラウン社などを提訴した。01年、大津、東京両地裁は、汚染の危険性が米国で報告された87年以後、国が感染防止措置を怠っていたとする所見を示し、1人あたり平均約6千万円を被告側が支払う条件で02年に和解が成立。東京地裁には計65件の訴訟が起こされ、10件が未和解。

(2007-03-03 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の関連キーワードアポタンパク質可消化タンパク質球状タンパク質色素タンパク質植物タンパク質単純タンパク質タンパク質欠乏低リポタンパク質血乳タンパク質複合タンパク質

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone