コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)

脳に異常なたんぱく質(プリオンたんぱく)が蓄積し、脳神経細胞の機能障害が起こる。汚染されたヒト乾燥硬膜の移植を受けた患者らが発症し、患者や遺族らが国や製造元の独ビー・ブラウン社などを提訴した。01年、大津、東京両地裁は、汚染の危険性が米国で報告された87年以後、国が感染防止措置を怠っていたとする所見を示し、1人あたり平均約6千万円を被告側が支払う条件で02年に和解が成立。東京地裁には計65件の訴訟が起こされ、10件が未和解。

(2007-03-03 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の関連キーワード医療行為とクロイツフェルト・ヤコブ病変異型クロイツフェルト・ヤコブ病プリオン病(伝達性海綿状脳症)クロイツフェルト・ヤコブ病スタンリー プルジナー牛海綿状脳症(BSE)生体膜マイクロドメインスローウイルス感染症ヒト成長ホルモン剤感染症予防医療法ウシ海綿状脳症変異型ヤコブ病人獣共通感染症牛海綿状脳症少数者調査権初老期精神病プルジナー予備的調査角膜移植vCJD

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の関連情報