コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロウスゴ(黒臼子) クロウスゴVaccinium ovalifolium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロウスゴ(黒臼子)
クロウスゴ
Vaccinium ovalifolium

ツツジ科の落葉小低木。本州中部以北の高山帯に普通にみられる。北海道の高山帯にも群生する。高さ 30~60cmでよく分枝し,枝は稜があって角張る。葉は互生しほとんど柄がなく,楕円形で長さ 3cm前後,先端は丸みがあり全縁。初夏に,径 5mmほどのやや細長い壺形の白花を下向きにつける。花冠の先端は浅く5裂する。果実は紫黒色の液果で外面に白粉を帯び,クロマメノキ (黒豆木) (アサマブドウ) と同様に食べられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android