クロウタドリ(黒歌鳥)(読み)クロウタドリ(英語表記)blackbird

翻訳|blackbird

世界大百科事典 第2版の解説

クロウタドリ【クロウタドリ(黒歌鳥) blackbird】

スズメ目ヒタキ科の鳥。全長約25cm,いわゆる大型ツグミ類で,は全体に黒く,くちばしだけが黄色い。は全体に暗褐色でじみ。ヨーロッパ,アジア南部,アフリカ北部に分布し,ニュージーランドには移入されたものがいる。公園,農耕地,林にすみ,地上をピョンピョンはねながらミミズ昆虫を探し出して食べる。落葉をくちばしではねのけながら採食するようすは,日本のアカハラクロツグミと同様である。木の実のある時期には,樹上でもそれらをとって食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクロウタドリ(黒歌鳥)の言及

【ツグミ(鶫)】より

…しかし春告げ鳥のうちでももっとも美しい声をもち,そのさえずりによって人々に恋心を芽ばえさせるといわれる。なかでもウタツグミやクロウタドリは古代ローマ時代から愛玩され,また美味な食物とされた。イギリスでは〈ツグミのパイ〉と称して,大きなパイの中に封じ込め殺さずに焼きあげた王族用の料理があったといわれ,パイを切るとツグミが飛びだすのを楽しんだ習俗が童謡《マザーグースの歌》にも出てくる。…

※「クロウタドリ(黒歌鳥)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android