コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロウ・フカセ症候群

1件 の用語解説(クロウ・フカセ症候群の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クロウ・フカセ症候群

形質細胞が増えて、末梢神経障害や手足のむくみ、皮膚の変化、肝臓やひ臓などの臓器が腫れて大きくなるなどさまざまな症状が起きる難病。欧米では主な症状の頭文字を並べてPOEMS症候群と呼ぶ。厚生労働省研究班の調査によると、2004年時点で国内に約340人の患者がいると推定される。診断がついていない場合を含めると患者はもっと多い可能性がある。

(2014-01-27 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロウ・フカセ症候群の関連キーワード神経炎末梢神経障害ニューロパシー中枢神経神経障害性疼痛アミロイドニューロパチー多発神経炎末梢神経障害の原因による分類糖尿病性神経障害亜急性脊髄・視神経・末梢神経障害

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone