クロジ(黒鵐)(読み)クロジ(英語表記)gray bunting

世界大百科事典 第2版の解説

クロジ【クロジ(黒鵐) gray bunting】

スズメ目ホオジロ科の鳥。スズメより少し大きく,全長約17cm。雌雄異色で,雄は頭部と体下面が青みを帯びた暗灰色。背面は赤褐色に黒い縦斑があり,くちばしはピンク色を帯びている。雌は暗黄褐色のじみな鳥。日本,サハリン千島列島,カムチャツカ半島南端だけに分布する。日本でも分布の広い鳥ではなく,本州中部の日本海側の山中から以北に繁殖し,冬を西南日本と沖縄の山地で過ごす。雪国の深山の樹林,とくに落葉広葉樹林内のササやぶを好む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android