コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスノ Krosno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロスノ
Krosno

ポーランド南東端,ポトカルパツキェ県の都市。カルパート山脈西部のベスキディ山脈の傾斜平原に位置する。 10世紀以来の町で,15~16世紀はハンガリー,ウクライナとの交易中心地として栄え,ポーランドで最も豊かな町の一つであった。 19世紀から油田,精油所などをもつ石油産業の中心地となり,ポーランドの石油の首都と呼ばれる。麻織物,ガラス器,スポーツ用品などの製造も盛ん。石油研究所,ポーランド唯一の石油技術専門学校,石油博物館がある。人口4万 8372 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クロスノの関連キーワードリバースハンドライズアップジェイムズ・ジョイスの殺人クロスカントリーマラソンヘテロカップリング反応マルチプラットフォームクロス アドバンテージクロス・ブランディング菖蒲谷クロスカントリー広島県尾道市御調町大田クロス マスカレードハーヴァードの女探偵ハイブリッドバイクワールドロペットリバースケーブル荘川高原スキー場マルチブラウザー精神分析殺人事件ストラトフォードクロスリバー州クロスセリング

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android