コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスノ Krosno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロスノ
Krosno

ポーランド南東端,ポトカルパツキェ県の都市。カルパート山脈西部のベスキディ山脈の傾斜平原に位置する。 10世紀以来の町で,15~16世紀はハンガリー,ウクライナとの交易中心地として栄え,ポーランドで最も豊かな町の一つであった。 19世紀から油田,精油所などをもつ石油産業の中心地となり,ポーランドの石油の首都と呼ばれる。麻織物,ガラス器,スポーツ用品などの製造も盛ん。石油研究所,ポーランド唯一の石油技術専門学校,石油博物館がある。人口4万 8372 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クロスノの関連キーワード交差要件(クロス・コンプライアンス)クロスレート(Cross Rate)クロスハンド(ライズアップ)白馬クロスカントリー競技場リバースハンドライズアップクロス・タビュレーションクロスカントリーマラソンヘテロカップリング反応マルチプラットフォームリンゼイ ジャコベリスミヒャエル シュミットクリストフ ザウザークロス タウンゼントニーノ シュルターハイブリッドバイククロスライセンスマルチブラウザーリバースケーブルノルディック複合サイドウインド

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android