コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロス・サイト・スクリプティング クロス サイト スクリプティング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

クロス・サイト・スクリプティング

Webサイトのフォームなどを通じて、悪意のあるスクリプト(プログラム)を実行させること。または、そうした行為を可能にするWebアプリケーションのセキュリティー上の問題を指す。CSSやXSSとも呼ばれる。フォームに書き込んだ内容をそのまま表示する掲示板のようなWebサイトで発生しやすい。悪意のあるユーザーによってJavaScriptなどのコードが送り込まれ、第三者がそのページを閲覧した際にそのスクリプトが実行される。スクリプトが実行されると、パスワードやクレジットカード番号などの個人情報が盗まれる危険がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

クロス・サイト・スクリプティングの関連キーワードサニタイジング

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android