クロス・サイト・スクリプティング(読み)クロス サイト スクリプティング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

クロス・サイト・スクリプティング

Webサイトのフォームなどを通じて、悪意のあるスクリプト(プログラム)を実行させること。または、そうした行為を可能にするWebアプリケーションのセキュリティー上の問題を指す。CSSやXSSとも呼ばれる。フォームに書き込んだ内容をそのまま表示する掲示板のようなWebサイトで発生しやすい。悪意のあるユーザーによってJavaScriptなどのコードが送り込まれ、第三者がそのページを閲覧した際にそのスクリプトが実行される。スクリプトが実行されると、パスワードやクレジットカード番号などの個人情報が盗まれる危険がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android