コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロス・セリング cross selling

1件 の用語解説(クロス・セリングの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

クロス・セリング【cross selling】

商品やサービスを販売するにあたり、その商品に関連する別の商品やサービスあるいは組み合わせ商品を同時に販売することをいう。アップ・セリングと共に販売額を増加させるためにダイレクトマーケティングテレマーケティングではよく用いられる手法。顧客の購入した商品によって、その関連商品をプロモーションすれば購入が促進される。顧客の購買履歴をデータベースに保管し、データ・マイニングツールなどを用いて関連購買を分析する(「アソシエーション」参照)。この購買関連が高い製品をメッセージすることによってより高い販売が可能になる。テレマーケティングを実施している場合、関連販売スクリプトを準備しておき、電話販売担当者が関連販売を提案すると購入単価をアップさせることができる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロス・セリングの関連キーワードテスト・マーケティング製品市場単価売上原価購買力ワイヤサービスカスタマイゼーショントレード・ショーローン販売

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロス・セリングの関連情報