コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロソフスキー Pierre Klossowski

大辞林 第三版の解説

クロソフスキー【Pierre Klossowski】

1905~2001) フランスの作家・画家。画家バルテュスの兄。バタイユ・レリスらと社会学研究会を結成。カトリック神学を基盤に異端・偏執などをテーマに制作。小説「歓待の掟」三部作、評論「わが隣人サド」「ニーチェと悪循環」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

クロソフスキーの関連キーワード社会学研究会バルテュス豊崎 光一カイヨワニーチェ三部作悪循環歓待偏執

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android