コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロソフスキー Pierre Klossowski

大辞林 第三版の解説

クロソフスキー【Pierre Klossowski】

1905~2001) フランスの作家・画家。画家バルテュスの兄。バタイユ・レリスらと社会学研究会を結成。カトリック神学を基盤に異端・偏執などをテーマに制作。小説「歓待の掟」三部作、評論「わが隣人サド」「ニーチェと悪循環」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

クロソフスキーの関連キーワード社会学研究会バルテュス豊崎 光一カイヨワニーチェ三部作悪循環歓待偏執

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロソフスキーの関連情報