クロソフスキー(英語表記)Pierre Klossowski

大辞林 第三版の解説

クロソフスキー【Pierre Klossowski】

1905~2001) フランスの作家・画家。画家バルテュスの兄。バタイユ・レリスらと社会学研究会を結成。カトリック神学を基盤に異端・偏執などをテーマに制作。小説「歓待の掟」三部作、評論「わが隣人サド」「ニーチェと悪循環」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android