コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロタキカズラ(黒滝葛) クロタキカズラHosiea japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロタキカズラ(黒滝葛)
クロタキカズラ
Hosiea japonica

クロタキカズラ科の落葉性つる植物。日本固有種で,近畿地方北部以西の本州,四国,九州中北部に点在するが稀産。暖地林下や薮の中に生え,石灰岩地を好む。雌雄異株で,枝は帯褐灰色。頂枝は長枝状で先はつるとなる。側枝は短枝状で長柄のある3~5葉を互生し,落葉後は隆起した楕円形の葉柄痕を残す。葉は膜質卵形で長さ4~18cm,幅 2.5~12cm,先は尾状に鋭くとがり基部は心形または切形,両面に短毛があり,縁に牙状の鋸歯がある。5~6月,集散花序に長さ1~2.5cm,径約 8mmの黄緑色の5弁花を2~5個下垂する。花柄は細長く,短毛がある。花部は5数性。果実は平たい楕円形で下垂し,8~9月頃赤熟する。和名は発見地の黒滝山 (高知県) にちなむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クロタキカズラ(黒滝葛)の関連キーワードクロタキカズラ科

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android