コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロックパルス clock pulse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロックパルス
clock pulse

現在のコンピュータはほとんどのものが同期式コンピュータであり,その同期を司るものとして時計の役割をするものがクロックパルス (刻時パルス) である。コンピュータの計算速度が高速になると,クロックパルスをコンピュータのすべての論理素子に短時間で送ることは困難になってきている。超 LSIで論理素子相互間の距離をできるだけ短くすることが必要となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クロックパルスの関連キーワードマルチバイブレータージッタ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android