コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロマグロの漁獲規制

1件 の用語解説(クロマグロの漁獲規制の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クロマグロの漁獲規制

中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の年末の総会で、初の数値つき規制が決まる。来年2月から、クロマグロの幼魚(0~3歳)を2002~04年の自国の平均漁獲量から15%以上減らし、日本の上限は年約6800トンになる見込み。ただ、10~12年の漁獲量(平均6100トン)より多い。これとは別に、水産庁は自主取り組みとして昨年10月から、国内の養殖業者に、これ以上天然稚魚での養殖を増やさないよう求めている。

(2013-10-24 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロマグロの漁獲規制の関連キーワードマグロ類地域漁業管理機関めじICCAT大西洋鮪類保存国際委員会国際青島太平洋マラソンIATTCIOTCICCAT(アイキャット)マグロの国際管理中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロマグロの漁獲規制の関連情報