コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロム・モリブデン鋼 クロムモリブデンこうchromium‐molybdenum steel

1件 の用語解説(クロム・モリブデン鋼の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クロムモリブデンこう【クロム・モリブデン鋼 chromium‐molybdenum steel】

機械構造用鋼として使用される鋼である。強靱性を付与するために,焼入れ焼戻しにより,焼戻しマルテンサイトまたはトルースタイトマトリックスに調質し,引張強さ100kgf/mm2内外にして使用する。合金成分としては炭素0.13~0.50%,クロム0.9~1.2%,モリブデン0.15~0.45%の範囲で定められている。肌焼鋼の一種として浸炭用にも使用される。ある程度の耐熱性を有するので高圧蒸気や石油・ガス用の管やバルブに使用されることも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクロム・モリブデン鋼の言及

【機械構造用鋼】より

…機械の機能的でかつ強度を必要とする部品に使用する鋼。いちばん安価なのは,いわゆるSC材と呼ばれる普通炭素鋼で,これにクロムとモリブデンを添加したクロム・モリブデン鋼(SCM材),さらに強靱(きようじん)さを上げるためにニッケルを加えたニッケル・クロム・モリブデン鋼(SNCM材)がこれに当たる。これらは肌焼鋼といわれ,おもな合金元素はクロム,モリブデン,ニッケルである。…

【構造用合金鋼】より

…機械構造部品に使用される強度と靱性(じんせい)をそなえた合金鋼。炭素量は0.1~0.5%で,これに少量のクロム(0.9~1.2%)を添加したクロム鋼,クロム(0.5~1.0%)とニッケル(1.0~3.5%)を添加したニッケル・クロム鋼,クロム(0.9~1.2%)とモリブデン(0.15~0.45%)を含むクロム・モリブデン鋼,さらにニッケル(0.4~4.5%),クロム(0.4~1.8%),モリブデン(0.15~0.7%)を含んだニッケル・クロム・モリブデン鋼がある。これらの合金元素はとくに焼入れ性と焼戻し性を調節するために添加される。…

【耐熱鋼】より

…耐熱鋼はその主たる組織によって,フェライト系とオーステナイト系に分けられる。フェライト系耐熱鋼はクロム・モリブデン鋼から発展したものである。2.5%程度のクロムを含むクロム・モリブデン鋼は焼入れした後の焼戻しにおいて軟化しにくく,また400℃前後である程度の耐酸化性を有している。…

※「クロム・モリブデン鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロム・モリブデン鋼の関連情報