コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロロ白金酸 クロロはっきんさんchloroplatinic acid

世界大百科事典 第2版の解説

クロロはっきんさん【クロロ白金酸 chloroplatinic acid】

塩化白金酸,白金塩化水素酸ともいう。酸化数+IIおよび+IVの白金を含む酸とその塩が知られている。
[テトラクロロ白金(II)酸]
 化学式H2[PtCl4]。H2[PtCl6]水溶液を還元すると赤色溶液として得られる。この溶液に金属の水酸化物を溶かすと塩MI2[PtCl4](MIは1価陽イオン)が得られる。塩は赤色結晶。アルカリ塩などは水に易溶。[PtCl4]2-は平面正方形型構造をもつ。カリウム塩K2[PtCl4](比重3.382(25℃)),セシウム塩Cs2[PtCl4],バリウム塩Ba[PtCl4]・3H2O(比重2.868)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

クロロ白金酸の関連キーワードアンモニウム塩白金(元素)白金化合物塩化白金酸白金海綿

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android