クローディオン(英語表記)Clodion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クローディオン
Clodion

[生]1738.12.20. ナンシー
[没]1814.3.29. パリ
フランスの彫刻家。本名 Claude Michel。ロレーヌ地方の彫刻家の家族アダムの一員。 17歳のときパリに出て,叔父の L.シジスベール=アダムに学び,その後 J.B.ピガールのもとで制作。 1759年アカデミーのローマ大賞を得て,62年ローマに遊学,71年帰国。 92~98年のナンシー滞在を除けば,ほとんどパリで制作した。優雅で自由なロココ的作風で,テラコッタの小像,大理石像を制作。主要作品は『ニンフとサチュロス』 (ニューヨーク,メトロポリタン美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クローディオン【Claudion】

1738‐1814
フランス,ロココ期の彫刻家。本名クロード・ミシェルClaude Michel。ナンシーに生まれ,叔父の彫刻家アダンやピガールに学ぶ。1760年代ローマに留学。ロココ的性格をよく伝える,神話主題のテラコッタ小像を多く残し,同時代の人々からたいへん好まれた。モンテスキューなどの肖像も作る。73年,アカデミーの準会員になるが,新古典主義的傾向からは影響を受けなかった。【木村 三郎

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android